読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけーちゃんは気が多い

あっちこっちそっち。

見て欲しいと言われたものは素直に見るタイプなので

リリウムという舞台をDVDで見せてもらったらすごかったからちょっとメモ。

 

  

なんにも知らない状態でハロプロの女の子の舞台っていうざっくりした前情報のみで鑑賞開始したので、正直あまりにも不穏な空気しか漂ってなくて「これもう全員死んでるわ」くらいの気持ちで見ていたのだけど、そんなのじゃ全然だったね!!!!

あんまりにもあんまりだったから正直飲み込むのになかなかの時間を要したんだけど、1回見ただけじゃ多分何にも分からなかったのに等しいという結論に至ったわけですよ。

だってこの話単体で完結している話じゃなくて、前後にも沢山お話があるんだもん、情報が少ないとかそういう次元じゃないじゃん。

 

でも本当に、最後の最後でぜーんぶひっくり返した上にぶん投げて終わるていうね、大好きなヤツ!!!!!

だって全てファルスの思い通りにされていたというのであれば、全てが嘘でしたっていうのだってありじゃないですか…繭期なんてモノ本当はなくて、閉じ込めた上に薬を飲ませるための都合のいい設定をファルスが作っただけですっていうのだってありだし…なんでもありなんですよ…最高すぎるでしょ…騙されるの大好き。

 

「私を忘れないで」と冒頭から全力で不穏なのに女の子たちが皆可愛くて楽しそうに「シルベチカなんて知らない」なんて言っている前半の違和感から、マリーゴールドが歪んでいく過程、退屈しのぎに地下室で写真を見つけてしまった以降の差が凄い。

トーリーが雰囲気とかみ合うまでは違和感で煽って、かみ合ってからのもう戻れない感じ…絶対にハッピーエンドなんて待っていないのが分る怖さ本当に凄かった。

真相に辿り着いて、全力で抗ったのにファルスは「また作ればいい」みたいなこと言って早々に見切りをつけるし、抗った結果残ったのは自分がファルスの望む存在になったという事実なんて残酷にも程がある。

 

これをアイドルの舞台としてアイドルのファンに向けてやったっていうんだからもう全部凄いとしかいえないよね…

 

舞台としてお話としてとにかく全部凄かったんだけど、私は工藤遥という人の怖さを知った感じです…

ビジュアルにステ全振りのきれいなお顔にそぐわないあれそれっていう、ハマると多分抜けられないタイプの子だというのはなんとなく知ってたんですけど、ファルスはまり役過ぎない????

正直ファルスに対してはド変態っていう感想が一番上に来るんですけど、それを演じている工藤遥の儚さと色気と狂気!

きれいなお顔の俳優さんには笑顔で人を殺す役をやって欲しい願望が常にある私としてはこれぞ!って感じ!!!!

動機が究極に自分のためでしかないのもいいよね…だって殺さないと分らないじゃんっていう。

壁ドンなんてやってふざけてたときはきゃー!なんて感じだったけど、もう後半は「こわい…」って感じですよもう、本当に工藤遥さんがこわいです*1

 

 見てる間気になってしょうがなかった衣装なんだけど、黒い布をまとっている子は何であることを示唆しているんですかね。

 

次回プロが解説付きでの鑑賞会を予定してくれているので楽しみに待っているところ。