あけーちゃんは気が多い

あっちこっちそっち。

二人セゾンを延々再生してる

欅坂46のこと全然知らないんですが、先日のベストアーティストで見て以来ずっとこれを見ている。 


欅坂46 『二人セゾン』

センターの平手友梨奈ちゃんって名前すら覚えたばかりなのだけど、凄く惹きつけるものがある人だと思う。ベストアーティストでのソロダンスも何だか目が離せなくて、多分術中にハマるとはこの事である。

AKBはあんにんちゃんの件で安易に推しを作るのが苦しくなり、乃木坂に推しは作るまいといいつつ生駒に落ちた私の次の落下先は欅坂の平手さんでした。凛々しい表情の似合う女の子が好きなんだ。

本当に順当に秋元康の手のひらで転がされている容易な客だ。

 

それでこの二人セゾン、どうやらとても評判のいい曲らしく歌詞の考察など沢山出てくるのでとても助かりました。

初めてちゃんと歌詞を読んでの感想が「セゾンに飲み込まれた…」だった残念な私にはたどり着けない境地です。

だってセゾンである君に出会って日常が輝きだして、二人ともセゾンになって別れる時が来て、僕一人になっても僕もセゾンになってる!!っていうね、セゾンとは…???ってなるじゃん。

セゾンは季節だとか旬だとか各所で書かれているけど、それも単なる単語の意味でしかないみたいにも書いてあるし余計に混乱する一方です。

 

タイトル通り隙あらばこの曲を聞いていて、なんとなく思ったのはこれは初恋の曲であるっていうのがポイントなのかもしれない。

君に出会って変わる僕の話なんだよね。

僕の前に現れた君に初めての恋をして、日常が輝き始める。

僕は世界が輝いている事を知って、そのうちにキラキラした世界を二人で過ごすんだけどそれは長く続かなくて、でもこのきらめきを知った僕は雑草に名前があることも知っているし生きていくのは何か変わることだって知っている。

愛を知り今までと違う僕が残るっていう。

愛を知って強くなった僕ってなんかつい最近沢山見てるような気がする…気のせい??

 

長々書いたけど、私歌詞の深読みあんまり得意じゃないからただただまとまりのない文章が出来上がってしまった。反省はしていない。

 

冬の冷たい澄んだ空気が似合う素敵な曲だと思うんです!最高だよ!!!って話を書こうと思っていた気がするんだけど、全然そんな事書いてないな。さして問題じゃないか。